一般・学生向け

低温研で活躍する学生

低温研で活躍する学生

2023年度

2022年度

大学院受験

低温科学研究所では、既存の学問分野を越えた総合的な研究の推進と共に、次代を担う研究者の育成に取り組んでいます。

低温科学研究所の教員は下記の大学院・専攻・コースの教育を担当しています。低温科学研究所で学びたい修士および博士課程入学希望者は、興味を持った研究分野に対応する北海道大学の大学院コースを受験してください。大学院受験に際しては低温科学研究所の教員が、どこの大学院・専攻・コースを担当しているか、下記のサイト等で確認して下さい。(各教員の担当大学院・専攻・コースは「研究部門・組織」ページの各分野のHPでも確認できます)

ダイジェストガイドでは、低温科学研究所の簡単な歴史と現在の世界最先端でホットな研究のいくつかを紹介しています。こちらもご覧ください。

研究分野 担当する大学院
水・物質循環部門 海洋・海氷動態1
大気海洋相互作用1, 2
大気環境3
大気陸面相互作用1, 2
同位体物質循環3
雪氷新領域部門 氷河・氷床2
相転移ダイナミクス4
宇宙物質科学・宇宙雪氷学4
生物環境部門 生物適応5
微生物生態学5
生物分子機構・生物多様性5, 6
冬眠代謝生理発達5
環オホーツク観測研究センター1, 2, 3, 7
1. 環境科学院 - 地球圏科学専攻 - 大気海洋物理学・気候力学コース
2. 環境科学院 - 地球圏科学専攻 - 雪氷・寒冷圏科学コース
3. 環境科学院 - 地球圏科学専攻 - 生物地球化学コース
4. 理学院 - 宇宙理学専攻
5. 環境科学院 - 生物圏科学専攻 - 分子生物学コース
6. 環境科学院 - 生物圏科学専攻 - 動物生態学コース
7. 環境科学院 - 環境起学専攻 - 人間・生態システムコース

一般向け研究紹介

低温研紹介動画

低温研紹介動画

Research Frontiers

Research Frontiers

古川義純先生の雪氷学のトビラ

雪氷学のトビラ

ニチレイグループ広報誌『OriOri』に連載した記事を、特別な許可を得て掲載しています。 (全てpdf、ファイルサイズは記事1つあたり <1MB)

みんなの低温科学(復刻版)

Low temperature science: the past, present, and future

報道一覧

  • 「ガリンコ号」流氷の海の生態系を探る
    北海道新聞 2024/04/07
    所内関係者:大島 慶一郎
  • カナダの湖から光合成細菌“生きた化石”発見
    マイナビ(web) 2024/03/15
    所内関係者:ジャクソン・ツジ、渡邉 友浩、福井 学
  • 「流氷に異変」北大研究
    朝日新聞 2024/02/29
    所内関係者:大島 慶一郎、三寺 史夫、西岡 純
  • 美しき六角形「天から送られた手紙」
    読売新聞 2024/02/11
    所内関係者:中谷宇吉郎、古川義純
  • オホーツク海で、流氷の厚さが30%薄く
    北海道新聞 2024/01/27
    所内関係者:大島 慶一郎、本田 茉莉子
  • キラルな高圧氷、および水界面にキラル液晶らしき水発見
    日本経済新聞 2024/01/11
    所内関係者:木村 勇気
  • オホーツク海の温暖化により、流氷が激減
    北海道新聞 2023/12/30
    所内関係者:大島 慶一郎、三寺 史夫
  • 雪に魅せられた中谷 宇吉郎博士の世界初の偉業
    朝日新聞 2023/12/23
    所内関係者:渡部 直樹
  • 低温研データを基にした24年版カレンダー 稚内水試
    北海道新聞 2023/12/19
    所内関係者:低温科学研究所
  • 故・青田 昌秋さん「流氷を親しみやすく解説」旧 紋別北大低温研付属流氷研究施設 元施設長
    北海道新聞 2023/12/17
    所内関係者:低温科学研究所
  • 海面上昇と高潮でスカイツリー浸水が想定
    読売新聞 2023/11/27
    所内関係者:青木 茂
  • 第65次南極観測隊に北大低温研から若手3人が参加、南極氷床の現状を探る
    北海道新聞 2023/11/24
    所内関係者:箕輪 昌紘、波多 俊太郎、近藤 研
  • 北極研究のワークショップ開催〜北極域研究船2026年就航予定〜
    北海道新聞 2023/11/18
    所内関係者:豊田威信
  • 冬眠後のハムスター、体温の変化するリズムが夏型に変わることを発見
    日本経済新聞 2023/11/17
    所内関係者:山口 良文
  • 北大などの研究チームが世界初 温かい氷塊の流入経路を特定
    毎日新聞 2023/10/17
    所内関係者:中山 佳洋
  • 水/高圧氷の界面に未知の水を発見
    日本経済新聞 2023/10/11
    所内関係者:木村 勇気
  • 世界で初めて液晶状態の水を発見
    日刊工業新聞 2023/10/12
    所内関係者:木村 勇気
  • 北大・西岡教授が紋別高校で出前授業 流氷の役割を解説
    北海道新聞 2023/09/28
    所内関係者:西岡 純
  • 北大低温研で公開講座を実施
    読売新聞 2023/09/16
    所内関係者:低温科学研究所
  • 「二重ガラス管」他3資料、「未来技術遺産」に登録
    読売新聞 2023/09/13
    所内関係者:低温科学研究所、所長
  • ヘリコプターで南極の海洋観測に世界初の成功
    日刊工業新聞 2023/09/13
    所内関係者:中山 佳洋
  • 世界で初めて人工雪の結晶製作に成功した研究室資料等が「未来技術遺産」に登録
    北海道新聞(夕刊) 2023/09/05
    所内関係者:低温科学研究所
  • 深海に生息する貝が共生細菌だけ消化しない仕組みを発見
    海洋研究開発機構(Web) 2023/08/28
    所内関係者:力石 嘉人
  • 東南極最大級のトッテン氷河の暖水循環像を解明
    日刊水産経済新聞 2023/08/25
    所内関係者:青木 茂
  • 放出されたトリチウムはどこへ 北海道沿岸への影響
    北海道新聞 2023/08/25
    所内関係者:三寺 史夫
  • 中谷宇吉郎雪の科学館による大聖寺高生への出前授業
    中日新聞 2023/07/22
    所内関係者:渡部 直樹
  • 報道一覧アーカイブ

ダイジェストガイド

ダイジェストガイド2022

低温科学研究所は、昭和16(1941)年に北海道大学初の附置研究所として設立されて以来、既存の学問分野にとらわれることなく、その時代に応じた新たな低温科学研究の創造を目指して発展してきました。現在は、共同利用・共同研究拠点に認定され、世界各地の寒冷陸域・海域においてさまざまなフィールド研究を展開するとともに、物性物理学、地球科学、惑星科学、生物環境科学等々の基礎的研究を強力に推進しています。

ダイジェストガイドでは、低温科学研究所の簡単な歴史と現在の世界最先端でホットな研究のいくつかを紹介しています。

ダウンロード:北海道大学低温科学研究所[ダイジェストガイド] 31MB

イベント情報

お知らせ

「一般公開」・「公開講座」の情報は、詳細が決まるまでしばらくお待ちください。

終了したイベント等

低温科学研究所 一般公開

令和6年6月8日(土) 10:00-16:00

関連リンク: 子供も大人も 楽しみながら科学にふれよう!北海道大学 研究所・センター等合同一般公開「見て、聞いて、触って楽しむ最先端科学」を開催, 合同チラシ

令和5年度 低温科学研究所 公開講座 「広がる低温の魅力 〜低温科学の最前線〜」

10/2(月)-11/13(月) 18:00-19:30
(毎週月曜日:各回1時間30分)
オンラインシステム(Zoom)開講

低温科学研究所 一般公開 2023/6/3(土) 10:00-16:00

北海道大学低温科学研究所
〒060-0819 札幌市北区北19条西8丁目
Copyright © Institute of Low Temperature Science. Hokkaido Univ All rights reserved.
ENGLISH