グループセミナー

氷河・氷床グループのメンバーが自らの研究を発表します。 研究室にお越しいただいた海外研究者や当研究室出身者に講話して頂くこともあります。 初回は新入生に学部時代にやっていたことなど、これまでの経験を自己紹介して頂きます。

不定期開催@低温科学研究所講堂、講義室または会議室。

 
 

 

日時 発表者 題目
3月6日
11:00~
Evan Gowan The Global Archive of Paleo Sea Level Indicators and Proxies (GAPSLIP) database and its application to assess the history of past ice sheets
12月20日
10:00~
Lauren Miller Geologic records of ice sheets past and present
Jason Amundson How do tidewater glaciers respond to climate change?
12月13日
10:00~
山田 宙昂 グリーンランド北西部カナック氷河におけるドローンを用いた表面地形測量と氷河上河川の変化
張 佳晏 アラスカ南東部タク氷河末端部における2014-2021年の氷河表面標高変化
12月6日
10:00~
坂田 宙斗 地中レーダーを用いたグリーンランド氷床南東ドームにおける涵養量の時空間変動復元
篠原 俊 グリーンランド南東ドームアイスコア中の微粒子の解析
日下 稜 50年前の北グリーンランドの暮らし -大島育雄資料の紹介-
11月29日
10:00~
豊山 孝子 氷床モデリング
川上 薫 氷床に保存された融解再凍結層とそれに含まれる不純物について
グレーべ ラルフ 成層圏への人為的なエアロゾル噴射によるグリーンランド氷床質量損失の低減
11月22日
10:00~
今津 拓郎 グリーンランド北西部カナック氷河の変動-現地観測と数値モデルによる長期変動の定量化-
鵜飼 真汰 グリーンランド北西部カナック氷河におけるUAVを用いた表面地形測量
佐藤 健 Validation of ice thickness estimation method using GPR data at Qaanaaq Glacier in northwest Greenland
11月8日
10:00~
飯塚 芳徳 シオラパルク沖フロストフラワーの昇華SEM分析
王 鄴凡 Ice discharge from the marine-terminating outlet glaciers along the coast of Prudhoe land, northwestern Greenland
松本 真依 SE-Domeアイスコアの誘電異方性の測定
6月20日
10:00~
波多 俊太郎 LiDARによるカービング氷河末端形状測定
杉山 慎 マルチビーム・ソナーによるパタゴニア・グレイ氷河末端の水中観測
6月13日
10:00~
Tom Dangleterre Influence of basal input data on spin-up simulations of the Antarctic ice sheet
鵜飼 真汰 グリーンランド北西部カナック氷河におけるドローンを用いた表面地形測量
6月6日
10:00~
今津 拓郎 グリーンランド北西部カナック氷河における近年の流動速度変化
近藤 研 東南極ラングホブデ氷河における底面滑りの直接観測
佐藤 健 グリーンランド北西部カナック氷河における氷レーダー探査
5月9日
10:00~
坂田 宙斗 半無限領域を対象とした面外波動問題のための基本解近似解法の開発
清水 洵哉 東シナ海における海洋熱波の数値実験
篠原 俊 グリーンランドSEDomeアイスコアに含まれる金属成分の解析
4月27日
10:00~
豊山 孝子 雪の圧密過程に対する気圧の影響と土地被覆把握のための測量とリモートセンシング
峰重 乃々佳 熱赤外線画像により特定された河道沿いの湧水分布と渓流水量水質変動の関係性
張 佳晏 高解像度DEMおよびSfM技術を用いた赤石山脈薮沢の氷河地形の考察および再検討
山田 宙昂 長いC-C単結合を有するジスピロフルオレン-アセナフテン誘導体の酸化還元応答

輪読会

氷河に関する基本的知識を身につけるために、みんなで集まって勉強会を行います。 現在読み進めているものは、氷河の物理学を扱ったものとしてはでもっともポピュラーな Cuffey & Paterson の The Physics of Glaciers (4th ed.)です。 学生が担当された分を読み込み、参加者に説明しながら一緒に理解していきます。

§1. Introduction
§2. Transformation of Snow to Ice
§4. Mass Balance Processes
§15. Ice Core Studies
§8. The flow of Ice Masses

雑誌会

雪氷寒冷圏コースに属する学生が、自らの研究テーマに関連する比較的新しい国際論文を紹介します。 修士の学生は年に2回、博士の学生は年1回の発表です。
不定期金曜日 10:30-12:00 低温科学研究所講義室または講堂

日時 発表者 紹介論文
11月10日 佐藤 健 Ice thickness estimates of Lemon Creek Glacier, Alaska, from active-source seismic imaging
梅津 晴希 Weather Factors in Different Growing Periods Determine Inter-Annual Change in Growth of Four Sphagnum Species: Evidence from an Eight-Year Study
10月27日 坂田 宙斗 Temporally stable surface mass balance asymmetry across an ice rise derived from radar internal reflection horizons through inverse modeling
山田 宙昂 Topography reconstruction and evolution analysis of outlet glacier using data from unmanned aerial vehicles in Antarctica
10月20日 山之内 美彩 Investigation of a Nocturnal Cold-Air Pool in a Semiclosed Basin Located in the Atacama Desert
張 佳晏 Combining UAV and Landsat data to assess glacier changes on the central Tibetan Plateau
10月13日 坂口 大晴 Arctic sea ice is an important temporal sink and means of transport for microplastic
今津 拓郎 Cooling glaciers in a warming climate since the Little Ice Age at Qaanaaq, northwest Kalaallit Nunaat (Greenland)
10月6日 鵜飼 真汰 Surface Characteristics, Elevation Change, and Velocity of High-Arctic Valley Glacier from Repeated High-Resolution UAV
篠原 俊 Sulfur isotopes quantify the impact of anthropogenic activities on industrial-era Arctic sulfate in a Greenland ice core
7月28日 佐藤 健 Ice thickness distribution of all Swiss glaciers based on extended ground-penetrating radar data and glaciological modeling
張 佳晏 Sediment redistribution beneath the terminus of an advancing glacier, Taku Glacier (T’aakú Kwáan Sít’i), Alaska
7月21日 豊山 孝子 Multistability and Transient Response of the Greenland Ice Sheet to Anthropogenic CO 2 Emissions
坂田 宙斗 Recent precipitation decrease across the western Greenland ice sheet percolation zone
7月14日 松本 真依 Disentangling creep and isothermal metamorphism during snow settlement with X-ray tomography
篠原 俊 Microstructure, micro-inclusions, and mineralogy along the EGRIP (East Greenland Ice Core Project) ice core ‒ Part 2:Implications for palaeo-mineralogy
7月7日 鵜飼 真汰 Diverse supraglacial drainage patterns on the Devon ice Cap, Arctic Canada
清水 洵哉 Helheim Glacier diurnal velocity fluctuations driven by surface melt forcing
坂口 大晴 Assessment of marine debris on the Belgian Continental Shelf
6月30日 丁 曼卉 Variability and change of precipitation and flood discharge in a Japanese river basin
山之内 美彩 Winter Nocturnal Air Temperature Distribution for a Mesoscale Plain of a Snow-Covered Region: Field Meteorological Observations and Numerical Simulations
山田 宙昂 Controls on Water Storage and Drainage in Crevasses on the Greenland Ice Sheet
6月23日 黒崎 豊 Climatological Significance of δD-δ18O Line Slopes From Precipitation, Snow Pits, and Ice Cores at Summit, Greenland
今津 拓郎 Mapping the age of ice of Gauligletscher combining surface radionuclide contamination and ice flow modeling
峰重 乃々佳 Supraglacial streamflow and meteorological drivers from southwest Greenland
6月16日 近藤 研 Geophysical constraints on the properties of a subglacial lake in northwest Greenland
Tom Dangleterre The multi-millennial Antarctic commitment to future sea-level rise
梅津 晴希 Examining the peatland shrubification-evapotranspiration feedback following multi-decadal water table manipulation